BLOG

ブログ

【2019年4月版】WP to TwitterでWordPressからTwitterへ自動投稿する

webデザインWordPress
【2019年4月版】WP to TwitterでWordPressからTwitterへ自動投稿する

WordPressとTwitterを連携できるプラグイン「WP to Twitter」を、先日このブログにも設置しました。WordPressで記事を書くとツイッターに自動投稿してくれるプラグインです。

わからないことを調べながら設定したので、備忘録として手順を載せておきます。


下準備

Twitterのアカウントを取っておく

投稿を流したいアカウント、かつ、開発者アカウント登録してもいいものを用意しましょう。
一度開発者アカウントにすると、「アカウントは残して開発者だけやめる」ということが多分できません。(2019年4月現在調べた限り)

WordPressの記事のパーマリンクに日本語が入らないようにしておく

URLはそのまま文字列として投稿されるようなので、日本語が含まれているとTwitter上でその部分がリンクとして認識されません。
エンコードして送るやり方もあるのかもしれないけど、そこまでは調べてない…。


WP to Twitterをインストール・有効化する

まずは、WordPressに「WP to Twitter」をインストール・有効化します。通常のプラグインのインストール方法と同じなので、インストール手順は割愛。

インストールした後、設定画面に行くと、下記のような設定手順が表示されます。以降、この通りに進めていきます。


Twitterの開発者アカウントに登録

Twitterの開発者向けのページにアクセスします。


ログインしていない場合は、右上の「Sign In」からログインしましょう。
ログインしたら「Apply」をクリック。


「Apply for a developer account」(開発者アカウントを申請する)をクリック。


ログイン中のアカウントが表示されます。
間違ってなければ「Continue」をクリック。


登録するユーザーについて聞かれます。

・企業で使うのか個人で使うのか
 … 個人にチェック。

・「Account Name」
 … ユーザー名やプロジェクト名など。わかりやすい名前でたぶんOK。

・「Primary country of operation」
 … 自分が主に拠点としている国、かな。日本在住なのでJapanにします。


開発するプロジェクトについて聞かれます。

・どんな使い方に興味がありますか?
 … 今回は自動投稿したいだけなので「Publish and curate Tweets」をチェックしました。
  もし他にもTwitter APIを使う予定があるなら、当てはまるものを全部チェックしましょう。

・何を開発するのか書いてください
 … えっ英語でですか?(心の声)
  1~4の質問に答える形で書くよう求められます。
  入力欄をクリックするとヒントを出してくれますので、こんな感じで書きました。

1. I’m using Twitter’s APIs to tweet my blog posts to my Twitter account automatically through WordPress plugin such as “WP to Twitter”.

2. No, I’m not planning to.

3. Yes, I’ll be tweeting my blog posts as content when it’s published on my WordPress blog. No retweeting or liking are planned.

4. Tweets will be displayed only on Twitter timeline just as normal tweets.

(日本語訳)

<質問1> APIの主な使用目的は何ですか?

主な目的は、WP to TwitterなどのWordPressプラグインを使って、自分のブログ記事を自分のアカウントに自動投稿することです。

<質問2> ツイートやユーザーを解析する予定ですか?もしそうなら解析方法を詳しく書いてください

いいえ、しません。

<質問3> ツイート、リツイート、いいねを利用しますか?もしそうなら他のユーザーとどうやり取りするか教えてください

はい、自分のブログに記事を投稿した時に、コンテンツとしてツイートします。リツイートやいいねは利用しません。

<質問4> Twitterのデータをどのように表示しますか?もしTwitter外でデータが表示されるなら詳細を書いて(略

通常のツイートと同じように、Twitterのタイムラインでのみ表示します。

もしかして日本語でもOKだったりするのかな…?一例として参考にしてください。

・政府機関でデータを利用しますか?
 … もちろんしないので「No」にチェック。


利用規約が出ます。承諾するチェックを入れて、「Submit application」をクリック。


Twitterアカウントに登録してあるメールアドレスにメールが届きます。


届いたメールの「Confirm your email」をクリック。


開発者アカウント登録完了です!
このまま「Create an app」をクリックして、アプリケーション作成に進みましょう。


Twitter APIのアプリケーションを作成する

「自分のWordPressサイトから自動投稿する」というアプリケーションを作って、APIキーを取得します。


まずは右上の「Create an app」をクリック。


アプリケーションの登録画面が出ます。

ここに入れる項目は、WP to Twitterの設定画面に詳しく載っています。

・App name
 … アプリ名。

・Application description
 … アプリの説明。内容は何でもいいですが、他のユーザーに公開されるそうなので注意。

・Website URL、Callback URLs
 … WP to Twitterの設定画面に「これ入れてね!」というのが出ています。
  たいていは自分のサイトのURLになっていると思います。

・どんな風に使われるアプリなのか説明
 … Twitter社内向けに説明を書きます。WP to Twitter設定画面に例文がのっているのでコピペ。


注意書きが出ます。ざっと読んで、「Create」をクリック。


アプリケーションが作成されました!


Twitter APIキーを取得する


今作ったアプリの画面で、「Permissions」タブをクリックします。

真ん中の「Access permission」が「Read and write」になっていればOK。
もしなっていなかったら、右上の「Edit」から編集できます。


続いて「Keys and tokens」タブをクリック。

以下の4つの情報を取得します。
・API key
・API secret key
・Access token(初期状態では作られてないので、すぐ下の「Create」ボタンで発行しましょう)
・Access token secret(〃)


WP to TwitterにAPIキーを設定する


APIキーとトークンを、WP to Twitterの設定画面にコピペします。

終わったら「Connect to Twitter」をクリック。


完了


\設定完了!/

ツイートされる文面を変更したり、タグをハッシュタグとしてツイートしたりもできるようです。投稿画面の「WP to Twitter」というボックスからも個別に設定することができます。


以上、「【2019年4月版】WP to TwitterでWordPressからTwitterへ自動投稿する」でした!